編集の流れ

ブログ

こんにちは。エアリアルジャパン株式会社です。
今回は動画編集の流れについて記述していきます。一言で動画と言っても様々なジャンルがあるので今回は先日制作したMVをもとにお話していきます。

1.「動画素材の選定」
まずはどのショットを使うか大まかに決めておきましょう。PVなどの場合はここで音楽の選定もしてください。
自分の納得のいくショットが見つかったらわかりやすいように分けておきましょう。決して選ばなかった素材は消さないようにしましょう(後で使う場合があるので)

2.「動画、音楽を当て込む」
あらかじめ決めていた流れ通りに動画、音楽をはめ込んでいきます。ここで微調整や音楽に合うようにカットしていきます。効果音がある場合もここで当てはめていきます。
後でやりやすいようにエフェクトやトランジションをかける部分にマーク(大体Mボタン)を打っておきましょう。

3.「エフェクト、カラーグレーディング」
カット編集が終わり流れが決まったら、映像のクオリティを上げるためエフェクト、カラーグレーディングをかけていきます。順番はどちらが先でも構いません。
特にカラーグレーディングは難しく前のカットと色を合わせたり、色かぶりを補正したりなど技術が必要なので慣れないうちはLUTを使いましょう。

4.「書き出し」
映像が完成したら最後に見直しをし書き出します。設定でHDや4Kなどの画質設定、フォーマットを選択できるので納品形態や撮影した際の設定に基づき洗濯してください。

以上、編集の流れを簡単にお話ししました。編集方法は人それぞれではありますが、時間を無駄にせず効率的に編集をしましょう。今後も映像制作に関する事、ドローンについての知識を発信していきたいと思います。

関連記事

最近の記事

  1. 動画×インターネットマーケティング

  2. 弊社から新たなJUIDA認定講師の誕生!

  3. カメラのリグについて

カテゴリー