動画編集ソフトはどれを使えばいいのか?

ブログ

こんにちは。エアリアルジャパン株式会社です。
今回はこれから動画制作を始めようと思ってる方や、使い分けがわからないという方の為におすすめの編集ソフトとそれぞれの特徴についてお話していきます。

~初級者向け~
「Filmora(フィモーラ)」
フィモーラは大変操作がしやすく初心者でも扱いやすいソフトになっています。エフェクトやトランジションをテンプレートとしてあるので簡単にサクッと動画が作りたい人にはお勧めです。
使用例:個人向け、YouTube、セミナー動画など

「Final Cut Pro X」
こちらも直感的な操作となり簡単に編集ができます。プロも使うツールですのでより高いクオリティを目指す方には最適な編集ソフトとなるでしょう。有料にはなりますが買い切り商品となるので一度買ってしまえば永久に使えます。
使用例:PV、YouTube、セミナー動画など

~中上級者向け~
「Adobe Premire Pro」
現在映像制作をしてるクリエイターが使用してる編集ソフトの中で一番使われているのがこちらのプレミアプロといえるでしょう。Final Cut Pro Xに比べると多少複雑な操作とはなりますが、その分細かな調整やエフェクトの種類などプロの世界でも通用する技術を持ち合わせています。使用人口が多いという事は共同作業もかなりやりやすくなるのでお勧めです。
使用例:CM、MV、PV、YouTubeなど

「Davinci Resolve」
無料でクオリティの高い編集ができることが有名なソフトになります。有料版ではさらに多くの機能が使えるようになりますが、多機能なうえ編集操作は非常に簡単にできます。一番の特徴は音編集とカラーグレーディングの編集になります。どちらも複雑ではありますが圧倒的に細かく編集でき、ハリウッド映画でも実際に使われております。
使用例:CM、MV、PV、ドラマ、映画など

以上、様々な編集ソフトを紹介してきましたがやはり操作が難しくなるほどクオリティの高い編集ができる傾向にあるようです。自分が今どんな映像を作りたいのかを考えて最適な編集ソフトを選びましょう。

関連記事

最近の記事

  1. 日本ドローンアカデミー札幌校 合宿コース!!

  2. ドローンパイロットと同等に重要な役割の人

  3. 動画用シネマレンズとスチールレンズの違い

カテゴリー