一眼レフとシネマカメラの違い

ブログ

こんにちは。エアリアルジャパン株式会社です。
本日は一眼レフとシネマカメラの違いについてお話していこうと思います。
形は全然違うし写真が撮れるか撮れないかぐらいの違いじゃないのかと思ってる方も多いと思うのでそれ以外の重要な違いについて解説していきます。

「映像一択か写真も撮りたいか」
一眼レフは写真も撮りたいし映像もきれいに撮りたい方にはお勧めです。しかし、さらに綺麗な映像や、カラーグレーディングをもっとしていきたい方、本格的に映像をやりたい方はシネマカメラがおすすめです。

「シネマカメラのメリット」
ビデオカメラのような便利さを持ちながら、シネマティックな画力を持ち、XLR入力や内臓のNDフィルターが搭載されている。更にRAW収録できるものがほとんどなので映画やドラマ、CMでは画力と現場のスムーズな働きによりシネマカメラが重宝されています。

「一眼レフのメリット」
一眼レフは手振れ補正や小型ということもあり機動性に優れています。ジンバルを使用することも可能でシネマカメラだと高価なジンバルになってしまうので安価で綺麗に撮りたい人にはお勧めです。

以上、一眼レフとシネマカメラの違いについてお話いたしました。この様に自身の予算や本格的な撮影がしたいかなどの目的の違いによって購入されることをお勧めします。また現場によって向き不向きがあるので臨機応変にカメラを変えて撮影していきましょう。

関連記事

最近の記事

  1. 弊社代表の所属するナイトホークスが雑誌に掲載されました!

  2. 青い池に撮影してきました!

  3. 白ひげの滝撮影!

カテゴリー