動画用シネマレンズとスチールレンズの違い

ブログ

制作実績

こんにちは。エアリアルジャパン株式会社です。
今回は前回のシネマカメラと一眼レフの違いに引き続き動画用シネマレンズとスチールレンズの違いについてお話していきたいと思います。

一般的に皆様が持ってるであろうレンズはほとんどがスチールレンズだと思われます。シネマレンズとは映画などで使われている大きくてかなり高価なものになります。しかしスチールレンズでもかなり綺麗な画質で映像も撮れますので問題はありません。

今回はそんなシネマレンズはスチールレンズと何が違うのか?についてお話していきます。

「マニュアルフォーカス」
シネマレンズにはマニュアルフォーカスのみのものがほとんどです。オートフォーカスでは指定した場所にしかフォーカスを合わせることができず楽ではありますが画角を変えずピントを瞬時に変えることは難しいです。映画などでは常に撮影中の映像を見ているためMFの方が操作性がよく速いのです。

「ブリージング」
ブリージングとはピントを変えたときにおこる画角の変化の現象の事です。奥から手前、その逆にピントを変更していくとスチールレンズでは画角がわずかに縮小したり拡大されてしまいます。シネマレンズは画角を変えることなくピントを変更できるので映像制作にはうってつけです。更にシネマレンズのフォーカスは非常になめらかでスムーズに特定の場所にフォーカスできます。この違いはYouTubeで検索して頂くと出てくるかと思いますので是非ご覧ください。

以上、動画用シネマレンズとスチールレンズの違いについてお話ししました。
やはり予算や目的によってこちらも購入する必要があります。映像を本格的にやりたい方はやはりそれなりに予算のかかる機材が必要になってくるでしょう。
今後も映像制作の事やドローンについての知識をお話していきますので是非ご覧くださいませ。

関連記事

最近の記事

  1. カメラの清掃方法~レンズ編~

  2. カメラの清掃方法~カメラ本体編~

  3. 映像制作におけるマイクの色々

カテゴリー