Davinci Resolveでのカラーグレーディング

ブログ

こんにちは。エアリアルジャパン株式会社です。
本日はダヴィンチリゾルブでのカラーグレーディングの大まかな流れをお伝えしていきます。

これはカメラの設定などにもよりますが、おそらく普段から使用している人が多いであろうlog撮影をベースにお話していこうと思います。

1.「ノーマライズ」
log撮影やRAW撮影の場合は色があらかじめ抜かれた状態で記録されます。この状態からまずはコントラストや彩度などを上げ実際に目で見えるような色に戻してあげましょう。

2.「カラーコレクション」
次はカラコレといわれるものです。カラコレはある一部分が明るすぎてしまったとこを直したり、目障りになる発光色の彩度を下げたりと映像をより見やすいものにしていきます。

3.「カラーグレーディング」
続いてはお待ちかねカラーグレーディングです。カラーグレーディングとは撮影した現場にはなかった色をつけ足していくものです。実際に見えている色だけでは映像として締まりがなくただ現実と同じような映像になってしまいます。新たに違う色を付けくわえることで異世界観を演出しストーリーや映像を補助してくれます。

今回は大まかな流れをお話ししましたが細かなカラグレの方法などもお話しする予定ですのでその時も是非見てみて下さい!

関連記事

最近の記事

  1. 花火大会の撮影! 夜の撮影時に注意する点

  2. 写真家とフォトグラファーの違い

  3. ソニーがドローンを発売開始!

カテゴリー