カメラの清掃方法~カメラ本体編~

ブログ

こんにちは。エアリアルジャパン株式会社です。
本日は題名にもある通りカメラの清掃方法をお伝えしていきたいと思います。

清掃を怠ってしまうと映像にゴミが映ってしまったりホコリがたまって清掃しにくくなってしまいます。そこで今回はカメラ本体とレンズの清掃方法を教えていきますので是非ご覧くださいませ。

「カメラ本体の清掃」
カメラ本体の清掃にはブロアーと呼ばれる空気を送り出すものを使ったり、ブラシでほこりを取っていきますのでそれほど難しくはありませんが、一番重要で気を付けないといけないのがセンサーの清掃です。

センサーはカメラの心臓部であり非常にデリケートなので決して自身の判断で適当な道具を使って清掃はしないで下さい。センサーの清掃には専用の道具があるのでこちらを使って清掃しましょう。購入するのが嫌な方はブロアーで慎重にほこりを取ることをお勧めします。

また、汚れたら清掃することはもちろんですがなるべくほこりなどが入らない予防も必要です。撮影する際センサーのキャップを開けすぐにレンズを取り付けるなど、センサーはなるべく外気にさらされないよう常に保護しておきましょう。

次回はレンズの清掃方法についてお話しするので是非そちらもご覧くださいませ。

 

関連記事

最近の記事

  1. 弊社で使用してるBMPCC4Kの魅力

  2. CM制作の裏側 ~part3~

  3. CM制作の裏側 ~part2~

カテゴリー