ストロボ撮影のコツ

ブログ

こんにちは。エアリアルジャパン株式会社です。
本日は先日に引き続きストロボ撮影のコツについてお話していきたいと思います。

「バウンス」
バウンスとはストロボの光を壁や天井に当てて反射した光を被写体に当てることです。
それにより柔らかく広範囲に光を当てることができます。壁だけでなくレフ版に反射させて光を作る人もいます。

「ソフトボックス」
ソフトボックスとはストロボに直接つける光を柔らかくする機材です。バウンスと同じように柔らかく広範囲に光を当てることができます。

その他に必要になるものといえばストロボを立てておく三脚があると尚良いです。
ちなみにストロボに付属してある透明の板は直接当てるよりも若干光を柔らかくしてくれます。

更にこの白い紙のようなものは直接被写体に光を当てずにストロボを真上にあげこの白い紙に反射させて被写体に光を当てることで更に柔らかい光となります。

今回はストロボ撮影のコツについてお話しさせて頂きました。
その他ご質問などがある方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

最近の記事

  1. 花火大会の撮影! 夜の撮影時に注意する点

  2. 写真家とフォトグラファーの違い

  3. ソニーがドローンを発売開始!

カテゴリー